雪の大谷が見られるのは4月中旬から6月中旬の2か月間だけ。期間中、室堂平の最高気温は10℃前後なので真冬の装備が必要。

春~初夏の立山黒部アルペンルートの代名詞立山黒部アルペンルート『雪の大谷』へ行こう!

春~初夏の立山黒部アルペンルート観光のハイライトといえば、「雪の大谷」。

巨大な雪の壁の合間を観光バスが通り抜ける風景は、写真や映像などで見たことがある人も多いはず。

この時期に富山を訪れるなら、一度は通ってみたい「雪の大谷」について、ご紹介します。

立山黒部アルペンルートとは?

  

「立山黒部アルペンルート」は、富山県立山町の立山駅と、長野県大町市の扇沢駅(関電トンネルトロリーバス)を結ぶ山岳観光ルートとして、1971年(昭和46年)6月1日に開通しました。最高地点は、標高 2,450 mの室堂(むろどう) 。
眼前には有名な剱岳、立山三山をはじめ、3,000m級の雄大な山々が迫ります。

アクセスなど詳しくはこちら↓

立山黒部アルペンルート公式サイト

「雪の大谷」はどうしてできる?

世界でも有数の豪雪地帯・室堂付近にある「大谷」。
地形的に吹きだまりになっているため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることもあります。

例年、4月中旬に開通する立山黒部アルペンルートの除雪作業は、1月下旬からはじまります。

まず、道の位置をGPSで確認しながら、雪に埋もれた道をブルドーザーで少しずつ掘り進んでいきます。1メートルぐらい掘り進んだら、通常の除雪車の2倍近い吹き上げ能力を持った、アルペンルート専用のロータリー除雪車で、雪の壁を切り拓いていくのです。

こうして、およそ1か月かけて出現した雪の壁が、世界的にも有名な「雪の大谷」です。

雪の大谷の楽しみ方

毎年恒例の「雪の大谷ウォーク」では、歩行者用通路として開放した片側を歩くことができます。

約500mの歩行区間の往復は、約35分(行きは下りで15分程、帰りは上りで20分程)。
室堂ターミナルと自然保護センターを結ぶ、「雪の回廊」を歩くこともできます。

お子様連れの家族には、除雪でできた雪の山で、子供と一緒にソリをしたり、雪の巨大迷路を歩いて楽しむこともでき、おすすめです。

「雪の大谷ウォーク」(とやま観光ナビ)

Gallary

Access アクセス

立山黒部アルペンルート

  • 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林

  • TEL:076-432-2819 (立山黒部貫光(株))
  • ※アルペンルートの立山駅〜扇沢間は、マイカーで入ることはできません。 富山側から入られる場合は、立山駅で駐車し、立山ケーブルカーにお乗りください。 ■富山地方鉄道 富山駅から約1時間、立山駅下車→2階(ケーブルカーのりば)へ ■北陸自動車道立山ICから車で約40分【立山駅駐車場】 無料駐車場:約900台 臨時駐車場:約600台 ※混雑時のみ対応・無料
  • ホームページはこちら >