瑞泉寺山門の「雲水一疋龍」は、井波彫刻の祖・前川三四郎の作

井波別院瑞泉寺と彫刻の深い関係日本遺産「木彫刻のまち 井波」で『井波彫刻』の魅力に迫る

日本一の木彫りの町として知られる南砺市の井波地区。
井波彫刻はこの地の古刹・真宗大谷派井波別院瑞泉寺の歴史とともに生まれました。

2018年5月、「木彫刻のまち井波」の歴史・文化の魅力を伝えるストーリー≪宮大工の鑿(のみ)一丁から生まれた木彫刻美術館・井波≫が日本遺産に認定。今後は国の支援を受けながら、有形・無形の構成文化財を整備・活用してこのストーリーの魅力を国内外へ発信し、日本遺産を通じた地域活性化が図られます。そんな日本遺産・井波の歴史をおさらいしましょう。

井波彫刻のはじまり

明徳元年(1390)に建立された瑞泉寺。
戦国時代には170の寺院を支配した古刹でしたが、宝暦12年(1763)に火災で焼失。
再建のために京都本願寺の御用彫刻士・前川三四郎が井波に派遣され、4名の地元大工にその技を伝えたことが、井波彫刻の始まりとなりました。

井波彫刻の発展


瑞泉寺には、前川三四郎の作が残る山門のほか、本堂・太子堂など随所に井波彫刻の粋といえる作が散りばめられています。

瑞泉寺の再興とともに、井波彫刻の技術もより深まり、次第に入門する職人の数も増えていきました。

井波彫刻の代表的な作品は、欄間や衝立などの調度品。祭りに欠かせない獅子頭や曳山などにも井波の技が生かされています。

飛騨高山に近く、上質な木材が入手しやすかったという地形的な要因も、井波彫刻の発展の一助となりました。

継がれる職人の技

井波彫刻の高度な技術は、その複雑な工程にも裏付けられています。
仕上げまでに使われるノミと彫刻刀の種類は200本以上といわれます。
わずか4名の職人から始まった井波彫刻。現在では、約200人の職人の工房がまちの中心を貫く八日町通りを中心に軒を連ね、先人の技を次代に受け継いでいます。

ガイド付きツアーで井波彫刻をよりよく知ろう

八日町通りにある彫刻士の工房や井波別院瑞泉寺など、井波の町を効率よく巡り、その魅力をより深く知るためには、ガイド付きツアーがおすすめ。

井波の知識豊富なガイドのご案内は、南砺市観光協会の井波観光案内所はもちろん、VISIT富山県でもオンラインで予約できるツアーが多数あります。

井波へお出かけの前にぜひ一度ご覧ください。

関連サイト

井波観光案内所ホームページ

関連ツアー

井波ガイド付ツアー+井波彫刻バス1日乗車券付
【富山発バスツアー】彫刻のまち井波と世界遺産五箇山の旅」

日本遺産「木彫刻のまち 井波」

こうして、250年あまりにわたりその技が守られ、伝えられてきた井波彫刻。

2018年5月、「木彫刻のまち井波」の歴史・文化の魅力を伝えるストーリー≪宮大工の鑿(のみ)一丁から生まれた木彫刻美術館・井波≫として、日本遺産に認定されました。

今後は国の支援を受けながら、有形・無形の構成文化財を整備・活用してこのストーリーの魅力を国内外へ発信し、日本遺産を通じた地域活性化が図られます。「木槌の音が響き、木々の薫りが漂うまち」井波へ、ぜひ訪れてみてください。

日本遺産「木彫刻のまち井波」のストーリーはこちらから

日本遺産ポータルサイト

城端と井波と結ぶ「井波彫刻バス」

「井波彫刻バス」は、の小京都と呼ばれる城端(じょうはな)地区と井波を結ぶ土・日・祝日運行の南砺市営バスです。

1日4往復していますので、ご予定に合せてご利用ください。

時刻表など詳しくは下記のサイトにてご確認ください。

井波ガイド付ツアー+井波彫刻バス1日乗車券付

また、井波彫刻バスは、高岡⇔城端間(JR城端泉)を運行する観光列車「べるもんた」51号(10:22着)と接続していますので、べるもんたの乗車と併せてご利用いただくのがおすすめです。

関連サイト

南砺市観光協会 「べるもんた」で行くぶらっと南砺のススメ
VISIT富山県「べるもんた」関連プラン

 

Gallary

Access アクセス

井波(いなみ)

  • 南砺市北川

  • TEL:0763-82-2539(井波観光案内所)
  • ■JR新高岡駅・高岡駅から加越能バスで(高岡駅〜井波)60分※「井波中央」バス停で下車 ■砺波I.Cから国道156号線で井波まで10分
  • ホームページはこちら >