赤い屋根の橋は内川のシンボルともなっている「東橋」。全国的にも珍しい歩行者専用の橋

映画「人生の約束」のロケ地日本のベニス『内川エリア』の楽しみ方。

日本海に面した富山県射水市の内川周辺は、北前船(きたまえぶね)の中継地として栄えてきた町です。

近年は映画等のロケ地にも使われ、注目されています。

「日本のベニス」内川へのアクセス

 

内川は、富山新港から東西約1850メートルを結ぶ運河。海から海へとつながる珍しい川です。

古くから地域住民の生活と深く関わりをもった川として、親しまれてきました。
川べりには民家が立ち並び、川の両岸に漁船が連なって繋留されている風景は、どこか懐かしさを感じさせ、「日本のベニス」と称されています。

内川への主なアクセス方法

【電車で】

●あいの風鉄道「小杉駅」から
 射水市コミュニティバス(新湊小杉線)で約33分、「かぐら橋口」で下車、徒歩1分

射水市コミュニティバス

●あいの風鉄道「高岡駅」から
 万葉線電車で約40分、「新町口駅」で下車、徒歩8分

万葉線時刻表

 

●北陸新幹線「富山駅」から

富山地鉄「ぶりかにバス」で約50分、「川の駅新湊」で下車

富山ぶりカニバス

 

【車で】

北陸自動車道 「小杉IC」から約20分

内川の楽しみ方

内川さんぽの楽しみは、橋を巡ること。

全長2㎞に満たない川に、屋根付きの橋、モニュメントが飾られている橋など、12基の個性的な橋が架けられています。
川沿いから眺めるだけでなく、遠くに立山連峰を見渡せる橋上からの眺望も見どころです。

また、新湊港から出航する新湊観光船では、内川の独特な12の橋を巡る「内川遊覧コース」も運行しているので、船上から楽しむこともできます。

VISIT富山県 「日本のベニス内川 新湊観光船 遊覧&ティータイム」

ロケ地めぐりツアーも開催

近年は、2016年1月に公開された映画「人生の約束」のロケ地になったことで注目された内川。
映画の中では、石橋冠監督が惚れ込んだという内川沿いの風景が度々登場します。
内川の散策拠点「川の駅 新湊」では、地元ガイドの案内でロケ地めぐりツアーも行われていて、撮影時のエピソードなども聞くことができます。
どこか昔懐かしいノスタルジックな雰囲気と、潮の香り、港町で培われてきた歴史・文化が感じられる内川さんぽ。
「非日常」の体験と、のんびりとした時間を過ごしたい方に、おすすめです。

Gallary

INFORMATION 施設情報

内川

  • 富山県射水市港町~八幡町

  • TEL:0766-84-4649 (射水市観光協会)
  • ■万葉線新町口から徒歩で約10分 ■北陸自動車道小杉ICから車で約25分
  • ホームページはこちら >