路面電車1日乗り放題と富山名物クーポンがセットに富山市をおトクにおいしく、路面電車でめぐってみた。
ぐるっとグルメぐりクーポンでプチトリップ

富山市の街なかを走る路面電車。JR富山駅で南北に分断されていた路線が、2020年3月21日につながり便利になりました。

今回は、路面電車1日乗り放題と、特定のお店でおいしいものと交換できるクーポンがセットになった「ぐるっとグルメぐりクーポン」を使い、富山の街なかと、南北の路線がつながったことでも注目されている岩瀬エリア(土蔵や町屋をリノベーションしたショップなどが続々誕生中)をプチトリップしてきました。

おみやげ選びにもよし、お店の人とのお話しも楽しい。思いがけないおいしいものに出会えるかも!? そんなグルメぐり旅にレッツゴー!

ぐるっとグルメぐりクーポンとは?

ぐるっとグルメぐりクーポンは、富山地方鉄道、通称「地鉄」が発行。市内電車と富山港線の路面電車の1日乗り放題券に、指定のお店で富山名物の甘味やます寿司と交換できるクーポンがセットになったおトクなきっぷです。

価格はクーポン2枚付きで1,000円、5枚付きが1,500円。

クーポンを利用できるお店が掲載されたマップも付いています。

ぐるっとグルメぐりクーポンを購入

富山駅構内の商業施設「クラルテ」1階にある「とやま観光案内所」で、ぐるっとグルメぐりクーポンを購入します。

 

きっぷの乗車日は自分でコインなどで削ります。間違えると無効になるので気をつけて!
とやま観光案内所で、ぐるっとグルメぐりクーポンを購入できる時間は9〜16時までとなります。こちらもご注意ください。

路面電車の乗り場は案内所のお隣り。まずは、ます寿しのお店へ向かいます。

とやま観光案内所(動画でご紹介)

ます寿司のお店は、早めに訪れるのがおすすめ

ます寿し店は朝が早く、売り切れるのも早いそう。なるべく早めに行きましょう。富山駅から路面電車・環状線に乗って「丸の内」電停で下車。

大正12年創業の「川上鱒寿し店」へ。なんと朝6時半から営業されています。

 

クーポン1枚で、8分の1切れサイズのます寿しと交換(クーポンを利用できるのは9時からです)。

今回は店内で食べさせていただきました。こちらではテイクアウトも可能です。

 

富山名物のます寿しは、お店それぞれに特徴があるのだとか。三代目の川上弥(わたる)さんによると「うちはさっぱりとした味。食べ応えがあるように、ますはちょっと厚めにしてあります」とのこと。

ぐるっとグルメぐりクーポンを利用できるます寿し店は7店あります。食べ比べして、気に入った味をおみやげに買えば間違いなしですね!

「家で食べる時は、しょうが醤油をつけて食べてみるのもおすすめですよ」(川上さん)。

川上鱒寿し店

富山ます寿し協同組合(店舗情報が充実!)

富山で団子といえばこれ!? 黒砂糖の蜜たっぷり「あやめ団子」

お次は丸の内から環状線に乗って「西町」へ。富山市の中心街、中央通りにある「石谷もちや」に到着。クーポンで同店いちばん人気の商品「あやめ団子」に交換します。

「もち米の王様」とも呼ばれている富山県産の上質な「新大正もち米」に上新粉をブレンドした、もっちりとした食感のお団子生地に、沖縄産の黒砂糖が使われた濃厚な味わいの蜜がたっぷりとからんでいます。

富山市内では、団子といえばあやめ団子を思い浮かべる人が多いのだとか。名前の由来を伺うと、あやめの花が咲く頃、初夏の祭りで売り出したのが始まりなのだそうです(諸説あるそうです)。

ふわふわっとした食感でありながら弾力もある団子には、コクのある黒砂糖の蜜がベストマッチ! 思い出すとまた食べたくなります。

石谷もちや

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、しばらくはテイクアウトのみの対応とさせていただきます。

眺望ばつぐん! 富山市役所展望塔

富山市役所展望塔から立山連峰を眺めたり、富山市ガラス美術館と図書館が併設された隈研吾氏設計の「TOYAMAキラリ」を見たりと、お店をめぐりながら街なかの見どころも楽しみます。

富山といえば薬売りも有名ですよね。老舗の薬問屋「池田屋安兵衛商店」では、漢方薬の丸薬作り実演を見たり、クーポンを利用したりすることもできます。

再び路面電車に乗り、お次は富山駅の北側、岩瀬エリアへ移動します。

池田屋安兵衛商店

TOYAMAキラリ

富山市役所展望塔

レトロなまち並み歩きが楽しめる港町・岩瀬へ

江戸から明治時代にかけて大阪と北海道間を、日本海経由で積荷を売買しながら航行した北前船。廻船問屋が立ち並ぶ港町のひとつとして栄えたのが、富山港に面した岩瀬エリアです。

 

路面電車、富山港線の終点2つ手前の「東岩瀬」で下車し、大町新川町(にいかわまち)通りへ向かいます。

当時のたたずまいを残す廻船問屋の建物や、土蔵をリノベーションしたショップなどが並ぶ、レトロで趣のある通りを歩いていると、旅気分が盛り上がります!

セラーが圧巻! お酒選びが楽しい酒商 田尻本店

廻船問屋の貯蔵庫だった江戸末期建造の土蔵をリノベーションした「酒商 田尻本店」へ。土蔵内に構えたガラス張りのセラーには、日本酒、ワイン、焼酎などがぎっしりと。美しく陳列されていて圧巻です!

 

地元岩瀬の日本酒「満寿泉(ますいずみ)」の大吟醸は、平成4年のものからそろえているそうです。

「大吟醸は熟成して楽しめる。このセラーはお酒を熟成させるためのもの、ともいえますね。

年間を通じて温度を13度に保っています。僕は古酒が好きで、こういうことをやっていると、各地からマニアックなファンが集まってくるんですよ」と店主の犬島唯司さん。日本酒やワインのソムリエの資格もお持ちです。

 

富山のワイナリー情報などの話もはずみ、クーポン2枚で甘酒と、あの中田英寿氏がプロデュースした「キットカット 日本酒 満寿泉」に交換(写真は3人分のイメージです)。

岩瀬には他にも、満寿泉の豊富なラインナップを有料で試飲できる「株式会社桝田酒造店 沙石(させき)」(クーポン利用もできます)や、クラフトビールのお店、土蔵をリノベーションしたレストランなどが続々とオープンしています。

「お酒とグルメで、たっぷり遊べますよ」と犬島さん。路面電車で行けば、車の運転を心配しないでお酒を楽しめますね!

 

 

酒商 田尻本店

港町の風情と立山連峰を楽しむ

港町の風情を感じながら富山港線終点「岩瀬浜駅」へ行く途中、立山連峰を眺めることができました。

条件がそろった日には、路面電車内からも雄大な山々が見えますのでお見逃しなく!

 

クーポンの残りはあと1枚。富山駅方面に戻ります。

種類が豊富すぎる! 地元の果物などを使った銘菓みかさ山

富山駅の手前「奥田中学校前」で下車し、御菓子処「佐々木千歳堂」へ。ここではクーポンで、季節限定のみかさ山(どら焼き)と交換できます。

こちらは、りんごの産地として有名な魚津市加積(かづみ)産りんごを使ったもの。

 

「地元の食材を生産者から直接仕入れたりして作っています」と、佐々木弘子さん。五箇山(ごかやま)のぼべらというかぼちゃや、上市(かみいち)町のしょうがをあんにしたみかさ山もあるそうです。

 

ほかにも栗、餅、珈琲、抹茶、チーズ…それからなんと、富山湾の水深333メートルから取水された滑川深層水塩や、富山のご当地ラーメン、富山ブラックのみかさ山もありました!

 

最後のクーポン1枚で、加積りんごのみかさ山に交換。白あんと一体化したりんごの風味が絶品です。生地もしっとりしていておいしい!

豊富かつユニークなみかさ山のラインナップを見ると、いろんな種類をおみやげに買いたくなること必至です。みかさ山は季節により商品内容が変わります。

佐々木さんにその季節のおすすめなど、ぜひ聞いてみてくださいね。

佐々木千歳堂

ぐるっとグルメぐりクーポンは、美術館めぐりにもおすすめ

富山の街と岩瀬エリアを路面電車1日乗り放題きっぷでめぐりながら、おいしいものを楽しむ充実のプチトリップが終了。

今回はクーポン5枚をすべて使い切りましたが、残ってしまったクーポンは翌日まで使うことができます。

きっぷを購入した、とやま観光案内所のスタッフによると「水曜日は定休日のお店が多いので気をつけて」とのことでした。

また、美術館めぐりをするために、このきっぷを使う方も多いそうです。富山県内の美術館・博物館におトクに入館できるクーポンチケット「アートまちめぐりパスポート」と組み合わせると、さらにおトク度がアップしますよ!

ちなみに路面電車の運賃は1回乗車で210円。ぐるっとグルメぐりクーポンをおトクに使いこなして富山の街なかや、注目の岩瀬エリアを楽しんでみてはいかがですか?

ぐるっとグルメぐりクーポン 特設サイト

アートまちめぐりパスポート

Gallary

INFORMATION 施設情報

とやま観光案内所

川上鱒寿し店

石谷もちや

池田屋安兵衛商店

富山市役所展望塔

酒商 田尻本店

佐々木千歳堂