左上から時計回りに黒部峡谷鉄道「トロッコ電車」、立山黒部アルペンルート「雪の大谷」、毎年9月に行われる「おわら風の盆」、富山名物「ます寿し」

実は見どころ・グルメが盛りだくさん!初めて富山県を旅行する人向け!富山県観光7つの予備知識。

北陸3県の1つ「富山県」。
関東にお住いの方にとっては、なじみの薄いエリアだったかもしれませんが、2015年に開通した北陸新幹線によって、ぐっと身近な観光地になりました。
観光地としては「立山アルペンルート」、「五箇山」、「おわら風の盆」、「新鮮な海の幸」など、見どころが盛りだくさん!

初めて富山県を訪れる方、旅行を検討されている方向けに、知っていると便利な予備知識をまとめました。

1:実は近い!?富山県

 

●東京駅から


北陸新幹線「かがやき」で約2時間10分。北陸新幹線「はくたか」だと、約2時間40分。

ちなみに、「かがやき」は全席指定席で、「はくたか」には、自由席があります。

県内で北陸新幹線が止まる駅は、「黒部宇奈月温泉駅」、「富山駅」、「新高岡駅」の3駅。

 

ほかに飛行機だと、羽田空港から「富山きときと空港」まで、約1時間。

マイカーなら、関越自動車道~上越自動車道~北陸自動車道を経由して最短で約4時間50分で到着してしまいます!

とやま観光ナビ「東京から富山へのアクセス」

●名古屋駅から


名古屋から富山県内へは、「富山地方鉄道」「加越能バス」「イルカ交通」「名鉄バス」「JR東海バス」などが運行しており、比較的リーズナブルに利用することができます。

鉄道を利用する場合、名古屋駅~富山駅直通の特急「ワイドビューひだ」で約4時間。米原駅・金沢駅を経由、特急・新幹線を利用すると、約2時間40分。

マイカーなら、名神高速道路・東海北陸自動車道・北陸自動車道経由で約3時間で到着します。

 

とやま観光ナビ「名古屋から富山へのアクセス」

●大阪駅から


大阪駅から富山駅へは、特急「サンダーバード」で、一路金沢へ。そこから、北陸新幹線「つるぎ」に乗って約2時間55分で到着です。

マイカー利用の場合は、名神高速道路・北陸自動車道を経由して、約4時間15分。

とやま観光ナビ「大阪から富山へのアクセス」

2:位置関係をチェック!

富山県は、大きく分けると5つのエリアに分類することができます。

①黒部・宇奈月温泉
②立山
③富山市内
④砺波・五箇山
⑤高岡・氷見・射水

同じ富山県でも、海や山、グルメに文化など様々な特徴があります。

3:主要な5つの観光地

(1)黒部ダム(立山黒部アルペンルート・立山・上市エリア)


kurobedam

立山黒部アルペンルートの観光地として最も有名なのが「黒部ダム」。

7年の歳月と約1,000万人の力で、昭和38年に完成した日本最大のアーチ式ダムです。

その建設は、世紀の大事業として語り継がれ、小説や映画としても有名です。

(2)雪の大谷(立山黒部アルペンルート・立山・上市エリア)


こちらも立山黒部アルペンルートの観光名所として知られている「雪の大谷」です。

春の立山黒部アルペンルート観光のハイライトとして世界的にも知られています。

近年は、多くの外国人観光客が訪れています。

年によっては、雪の壁が約20mもの高さになることも!

(3)黒部峡谷(トロッコ電車・黒部・宇奈月温泉エリア)


日本一深いV字峡谷を縫うように走る「黒部峡谷トロッコ電車」。

春から秋にかけての限定運行で、新緑、紅葉など様々な景色で訪れた人を魅了しています。

トロッコ電車の始発駅は、県内最大の温泉街「宇奈月温泉」、途中の駅には、「黒薙温泉(くろなぎおんせん)」、「鐘釣温泉(かねつりおんせん)」などの温泉が数多く点在しています。

ちなみに、上述の立山黒部アルペンルートとは、名前は似ていますが、場所がまったく異なる観光地ですのでお間違えなく!

↓トロッコ列車に乗って、黒部ダムの関係者しか入れないトンネルへ行けるツアーも人気です↓
黒部峡谷パノラマ展望ツアー

 

(4)五箇山(砺波・五箇山エリア)


岐阜県の白川郷と共に、世界遺産に登録されている「五箇山合掌造り集落」。

「相倉合掌造り集落」「菅沼合掌造り集落」の2つの集落からなり、素朴な原風景を今に残しています。

合掌造り集落の観光自体には、料金はかかりませんが、マイカーの場合、駐車に「保存協力金」として500円が必要になります。

富山駅発のおすすめタクシープラン
【富山観光タクシー】世界遺産 五箇山と越中の小京都 城端周遊一日コース(富山発)

4:富山県最大のお祭り「おわら風の盆」

 

富山県最大のお祭り、それが「おわら風の盆」です。

越中八尾エリアを舞台に、毎年9月1日~3日までしっとりとした幻想的な踊りと唄で人々を魅了します。

越中八尾エリアの観光情報はこちら↓

 

おわら風の盆の舞台。『越中八尾エリア』の古き町並みを歩く。

5:観光列車「べるもんた」

富山県の西部JR氷見線・城端線を走る観光列車、それが「ベル・モンターニュ・エ・メール」。通称「べるもんた」です。

車両名は、フランス語で「美しい山と海」という意味。

車窓から見える景色は、まさに「走るギャラリー」。

美しい山と海の変化を眺めながら、優雅な時間を過ごしてみては?

VISIT富山県では、「べるもんた車内販売サービス」や「沿線のガイドツアー」を予約することができます。

「べるもんた車内販売サービス」・「沿線のガイドツアー」

6:富山のご当地グルメ

富山グルメ①ます寿し


ます寿し

富山のお土産といえば、「ます寿し」。駅弁としても、広く知られています。

このます寿し、店舗によって鱒の厚みや、酢飯の具合が全く異なり、富山県民の間では、それぞれご贔屓のお店があるそうです。

ぜひ、各店舗のます寿しを食べ比べしてみたいものです。

 

富山グルメ②ホタルイカ


ホタルイカ釜ゆで

富山の春のグルメの代表格が「ホタルイカ」です。

食べると新鮮なワタの旨味がはじけ格別の味が口の中に広がります。

春の富山湾は、ホタルイカの幻想的な青白い光につつまれます。

事前予約でホタルイカの幻想的な光を体験することもできます。

 

富山グルメ③:白エビ


白エビ

春から秋にかけて獲れる「白エビ」

透きとおった淡いピンク色の姿が、日を浴びてキラキラ輝くその美しさは「富山湾の宝石」といわれています。

から揚げ、昆布〆、すまし汁など食べ方は多彩ですが、おすすめはやっぱりお刺身。

他にはない独特のとろりとした食感と上品で濃厚な甘みは富山でしか味わえません。

 

富山グルメ④寒ブリ


鰤

富山グルメの冬の王者、それが「ブリ」です。

全国でも名高い富山湾のブリ。特に氷見の寒ブリは最高級ブランドと称されています。

定置網漁で捕獲するため、魚へのストレスが少なく、生きたままの元気な状態で水揚げされ漁港に運ばれてくるブリは鮮度抜群。

荒波にもまれ、身はキリっと締まっているが、しっかりと脂が乗り、とろけるように旨いのが特長です。

 

富山グルメ⑤富山湾鮨(とやまわんずし)


富山湾鮨

数ある富山湾の海の幸を味わうなら「お寿司」が一番!

富山では、回転ずしですら抜群の味を誇るほど。

そんな、海の幸を使ったお寿司を定額で食べられるのが「富山湾鮨」

「富山湾鮨」について詳しくはこちらの記事でご紹介しています↓

富山で寿司を食べるなら要チェック『富山湾鮨』の7つの心得

7:富山県の温泉地

温泉地1:宇奈月温泉


「宇奈月温泉」は、富山県最大の温泉街。

お肌にやさしい美肌の湯としても知られています。

富山観光の拠点にもなるエリアで、近隣にもさまざまな観光スポットが点在しています。

TOYAMA STYLEの「宇奈月温泉」の記事では、さらに詳しく紹介しています。

 

・温泉地2:氷見温泉郷


氷見温泉郷からの立山

氷見市内には、海岸沿いをはじめとして近郊にいくつもの温泉が点在し、「能登半島国定公園 氷見温泉郷」と呼ばれています。

泉質はナトリウムー塩化物泉で肌によく、「美人の湯」と言われています。

また、温泉に浸かりながら「天然の生簀」富山湾から立山連峰を眺めることができ、この風景は世界でも例を見ないといわれています。

さいごに

タクシーツアーイメージ

VISIT富山県では、県内に数多く点在する観光地を、さらに楽しむことのできる現地観光プラン(オプショナルツアー)を豊富に取り揃えています。

行きにくい観光地へのアクセスを便利にするフリーきっぷや、タクシーツアー、富山でしかできない体験プランで、富山の旅もっといい旅に。

VISIT富山県

Gallary

Access アクセス

富山県観光案内窓口