富山観光に来たら絶対に食べたい海鮮グルメ5選

富山観光に来たら絶対に食べたい絶品海鮮グルメといえば『お寿司、カニ、牡蠣』。さらに「富山のおすすめ冬グルメ」の『寒ブリ』と『たら汁』もご紹介!

観光の途中でお店に悩んだり、お目当てのお店が混んでいて入れなかったということにならないよう、事前ネット予約が可能なプランやアクセスに便利なバスフリーきっぷなども合わせてご紹介しますね。

この記事がおすすめなのはこんな人

  • ご当地グルメを食べることが好き
  • 富山観光を検討しているので有名なグルメを知りたい
  • 富山でしか食べられない新鮮な海鮮を知りたい
  • 可能なら事前に予約したい

【富山海鮮グルメ】お寿司、カニ、牡蠣、寒ブリ、タラ汁

 

富山に美味しい海鮮はたくさんありますが、特にオススメするのは「お寿司、カニ、牡蠣、寒ブリ、タラ汁」の5つです。

 

1.「富山湾鮨」

→鮮度抜群・魚種豊富。富山湾の海の幸を握ったお寿司

 

2.「新湊かに小屋」の茹でたてのカニ

→水揚げされたばかりのカニをまるごと堪能

 

3.「海洋深層水仕込みの牡蠣」

→牡蠣料理専門店「入善 牡蠣ノ星」で頂く安全で旬な牡蠣

 

さらに「冬に特にオススメのグルメ」としておすすめしたいのがこちら↓

 

4.氷見の「寒ブリ」

→お刺身やブリしゃぶで

 

5.滋養たっぷり「たら汁」

→富山のソウルフード

 

「それらが有名なのは知ってるけど、お店もたくさんあるし、どこで食べたらいいの?」と思う方も多いと思うので、具体的に1つずつご紹介していきますね!

 

【富山海鮮グルメ1】「富山湾鮨」富山でしか味わえない旬のお寿司

 

 

富山を訪れるなら、ぜひ味わって欲しい新鮮な海の幸。そんな海の幸を満喫できるのが、その名のとおり、富山湾の海の幸を握ったお寿司「富山湾鮨」なんです。

 

「天然の生け簀」とは?

3,000m級の立山連峰の雪解け水が注ぎ込む富山湾。
その海流と特殊な海中地形により多種多彩な魚の住処となっていることから「天然の生け簀」と称されています。
鮮度抜群・魚種豊富な富山湾の地魚をネタにした、「富山に来た方だけが堪能できる贅沢な寿司」が「富山湾鮨」なんです。

【富山海鮮グルメ1】「富山湾鮨」はどこで食べられる?

 

 

富山湾鮨は県内の約50店で提供しています。

料金は、店舗ごとで違えど、内容はしっかりと決まっているので、安心して富山の新鮮な海の幸を使ったお寿司を味わうことが出来ます。

↓こちらのリンクから、富山湾鮨を提供しているお店をチェックできますよ。

富山湾鮨 公式サイト「提供店」

 

【富山海鮮グルメ1】「富山湾鮨」をお得に食べる方法

 

 

「回らないお寿司」って、時価や、落ち着いたカウンター席など高級なイメージがありますよね。

でも、「富山湾鮨」は店舗に寄って価格は異なりますが、定額(2,500円~3,850(税込))で本格的なお寿司を楽しめます。

 


※特典内容は店舗により異なりますので、各店舗(対象店舗は下記リンクからご確認いただけます)へご確認ください。店舗によっては特典がつかない場合もあります。

富山湾鮨 公式サイト


↓↓シンプルでお得なクーポンも!!(対象店舗のみご利用可能)

 

このクーポンのご予約はこちら

【富山の海鮮グルメ2】昼セリ見学&茹でたてのカニ

 

 

富山のおすすめ海鮮グルメ2つ目は「カニ」です。

県内でも有数の漁場・新湊(しんみなと)の漁港内にある「新湊かに小屋」では、茹でたてのカニをその場で食べたり、全国的にも珍しい「昼間に行うセリ」略して「昼セリ」や、大釜でカニを茹でる様子も見学することができます。

 

・昼セリとは?


 

「昼セリ」とは、港と漁場が近いという地の利を生かし、新湊漁港でお昼の12:30時から行われているセリのこと。

観光客でも事前予約で早起きせずに、セリの見学ができるのがうれしいですね。

セリ人と買い手の真剣なやりとりを身近で見ることができ、ここでしか味わえない感動を得ることができます!

 

【富山の海鮮グルメ2】かに食べ放題 or まるごと1杯

 

 

そんな昼セリ見学もできる「新湊かに小屋」では、カニの本来のおいしさを体験してもらうため、水揚げされたばかりの大きなカニ1杯をまるごと堪能できるプランがあるんです。

 

・60分食べ放題プランも


 

カニを山盛り食べたい人にはたまらない「60分食べ放題プラン」も!

 

下の↓ ↓ 「この体験プランのご予約はこちら」から、「まるごと1杯プラン」と「食べ放題プラン」がご予約できます。

 

「あわせて読みたい記事」では、

 

✓ 新湊S級グルメ『新湊紅白丼』

✓「新湊かに小屋」への富山駅発バス往復乗車券付きプラン

 

など、もっと詳しく載せているのでぜひチェックしてみてくださいね。

 

【富山の海鮮グルメ3】『海洋深層水仕込みの牡蠣』って何?

 

富山のおすすめ海鮮グルメ3つ目は「牡蠣」です。

 

『海洋深層水仕込みの牡蠣』って聞いたことありますか?

簡単に言うと、「カキを浄化する際に使う海水が『海洋深層水』」ってことなんです。

一般的には殺菌した海水を使うのですが、海洋深層水を使った場合、どんなメリットがあるのでしょう?

 

<海洋深層水でカキを浄化するメリット>

✓海洋深層水は人工的に殺菌する必要がないほど細菌数が少なくキレイ

✓そのためより牡蠣の安全性を高めることができる

✓銅や亜鉛が増す効果も

 

だから、富山県入善町の牡蠣は「新鮮で安全」なんですね!

 

そんな「新鮮で安全」、旬の牡蠣をたっぷりと満喫できる「ガイド案内付き牡蠣満喫昼食プラン」をご紹介します。

 

【富山の海鮮グルメ3】牡蠣レストランで牡蠣を満喫

 

こんなにたくさん食べていいの?と思ってしまうほど、牡蠣をたっぷりいただけるプランなんです。

 

「ガイド案内付き牡蠣満喫昼食プラン」のポイント

✓ 海洋深層水で浄化された、新鮮・安全・旬の牡蠣を食べられる

✓食べられる牡蠣は1人10個以上!

✓ 生牡蠣、焼き(or蒸し)、カキフライ、牡蠣がまるごと1個入ったお味噌汁などバラエティ豊か

✓ 入善海洋深層水パークで海洋深層水の知識を深めることができる(ガイド説明付き)

 

では、どんな牡蠣が楽しめるのか具体的にご紹介していきますね

 

・キンキンに冷えた器で生牡蠣


 

生牡蠣(2個)は、口に入れると、海のミネラルたっぷりの甘みと、ぷるぷると弾力のある肉質が楽しめます。一口で食べるにはもったいない大きさかも!?

 

・焼きガキ、または蒸しガキ


 

メインとなるのが焼きガキ、または蒸しガキです。
(どちらか選ぶことができますが(5個)、6月〜9月は焼きガキのみとなります。

各テーブルに、網と鍋を置くコンロがあるので、自分で調理できるのもうれしいポイント。

焼き牡蠣は凝縮されたジューシーな海の香りが!蒸し牡蠣は優しくミルキーなおいしさが広がります。

 

・カキフライや炊き込みご飯も


 

牡蠣料理の定番、カキフライ。サクサクの衣の中に大きな身が入った贅沢な一品は、いつものカキフライとはひと味違います。

磯の香り豊かなお味噌汁には、なんと牡蠣が丸ごと1個入っています。

富山の地酒メニューも充実しているので、ぜひ旬の美味しい牡蠣と一緒に楽しんでみてください(ドリンクは別料金)

 

・入善海洋深層水パーク見学


 

そしてこのプランにはガイドさんの説明付きの「入善海洋深層水パーク見学」も含まれているんです。

海洋深層水について知ることで、より味わいが深まりますね!

富山県の入善だからこそできる贅沢なプラン、ぜひ味わってください。

 

下の↓ ↓「このプランのご予約はこちら」からご予約できます。

 

「あわせて読みたい記事」では、このプランのもっと詳しい体験記事をご紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

 

この体験プランのご予約はこちら

【富山の海鮮グルメ4 ~冬~】「ひみ寒ブリ」

 

ここからは富山の冬に食べたいグルメについてのご紹介です。

 

富山の冬の風物詩といえば、「ひみ寒ブリ」を連想する人も多いのでは?

 

「ひみ寒ブリ」とは?

ブリは、春に九州の五島列島沿岸で産卵し、夏に北上して成長します。秋から冬にかけて、産卵のため、脂の乗り切った状態で、日本海を南下する途中、能登半島の沿岸にぶつかって富山湾に入ってきます。これが、「ひみ寒ブリ」です。

氷見漁港では、初雪の降る11月下旬頃から定置網漁を行いブリを漁獲しています。

そして、重さ6キロ以上で脂ののったブリが安定して出荷できる見通しが立った時に、氷見漁協から「ひみ寒ブリ宣言」が出されます。

 

氷見漁港周辺ではもちろん、冬は、富山県内のたいていのお店や宿で氷見の寒ブリを食べることができるので、お刺身で、ブリしゃぶで、「寒ブリ」を堪能してくださいね。

 

◆ 氷見へのアクセスに便利な「富山ぶりかにバス」


富山駅から新湊漁港・氷見漁港に直通の定期観光路線バス「富山ぶりかにバス」をご紹介します。

 

定期観光路線バス「富山ぶりかにバス」のポイント

✓ 富山市内 ⇔ 新湊 ⇔ 氷見を結ぶバスのフリーきっぷ

✓2日間乗り放題!

✓ 500円分のお買い物券付き

      「新湊きっときと市場」や「ひみ番屋街の各店舗」、「ひみ番屋街 総湯」で利用可能

✓ ぷちプレゼント引換券付き

 

下の↓ ↓ 「このクーポンのご予約はこちら」からご予約可能なので、是非チェックしてみてください。

 

【富山の海鮮グルメ5~冬~】「朝日町のたら汁」

タラ汁イメージ

次に富山の冬グルメとしておすすめしたいのが、「たら汁」です。

スケトウダラの身を骨をつけたままぶつ切りにし(はらわたは除いて)、ささがきにしたごぼうと一緒に煮込み、味噌で味をつけ、ネギを加えて食べるという、シンプルな漁師料理です。

 

「たら汁」とは?

新潟県との県境に位置し、眼前に日本海を見渡す朝日町宮崎地区は、かつてタラが豊富に水揚げされたことから、タラを使った郷土料理が伝わっています。

特に、国道8号線の道筋には「たら汁」と書かれた看板やのぼり旗が多く見られ、通称「たら汁ストリート」と呼ばれます。

タラは1年中水揚げされますが、産卵を控えた冬は、白子(精巣)と真子(卵巣)が成長して、ひと際おいしくなります。

 

「たら汁」の美味しい食べ方

タラ汁には、この白子や真子も取っておいて、後で一緒に入れて煮込んで食べます。タラのだしが味噌にマッチして、コクのある味わい。大変滋養があって、寒い冬にぴったりの汁を、ぜひ一度お試しください。

 

そんな漁師料理「たら汁」づくりを体験できるプランがあるんです。

 

 

「ヒスイ探し&たら汁づくり体験プラン」のポイント

✓ ヒスイ探しの名人と一緒にヒスイ海岸を散策

→ヒスイ、ネフライト、薬石などの見分け方を教えてもらいながら散策します。

 

✓浜の名物・タラ汁づくり

→地元のお母さんたちと、スケトウダラをさばいてタラ汁を作ります。

 

たくさん歩いて、塩分補給にタラ汁!身体に沁み渡るおいしさをお楽しみください。

下の↓  ↓「この体験プランのご予約はこちら」からご予約可能です。

 

【おまけ】富山の冬はどんな気候?

 

冬の富山を訪れる前に、まず知っておきたいのが、気温と天候。

日本海側に位置している地形からも、雪が多いということは想像できると思います。

ではどれくらいか、というと、富山県の県庁所在地・富山市では、1月の降雪日数の平均(1986~2016年)が19日という統計があります。

つまり、2日に1回は必ず雪が降るのです。富山市など平野部の降雪量(積雪量)は比較的少なく、最大でも30cmほどです。

ただし、上の写真にある世界遺産五箇山など富山県南西部・南東部の山間地は、言うまでもなく豪雪地帯ですので、身支度には注意が必要です。

ちなみに、1月の平均気温(富山市)は2.8℃、湿度は82%ですので、湿った重たい雪が降ることがわかります。

お出かけの際には、必ず防寒着と傘をお持ちください。

 

富山観光をもっとお得に楽しく!観光体験プランのご予約なら「VISIT富山県」

 

 

「富山観光で絶対に食べたい海鮮グルメ5選」はいかがでしたでしょうか?

富山観光に来たら、富山でしか味わえない旬の海鮮グルメを堪能してみてくださいね。

 

「VISIT富山県」では、他にもたくさんのオススメ観光体験プランやお得なクーポン情報などをご紹介しています。

富山旅行計画を立てるのに便利なエリア別検索や、人気おすすめプランなど情報満載なので、富山旅行の前に是非チェックしてみてください。↓  ↓

お得なクーポン・観光体験プランのご予約なら「VISIT富山県」

 

 

INFORMATION 施設情報